ウイルスの有無

B型肝炎は、ウイルス性の肝炎です。
日本では最大の感染症の一つで、肝炎に感染している方は約400万人は存在するとされています。
肝がんは、日本の死亡の原因に一つですが、そのがんになる原因とされるB型肝炎が由来しているのは約15%くらいです。

大人になってからB型肝炎になると、肝臓の働きが悪くなります。
劇症肝炎以外は、一過性のものとして収束するものがほとんどです。
しかし、幼児期に母子感染などでB型肝炎になってしまうと、持続感染になってしまい、後に肝硬変や肝がんのリスクが高まります。

この持続感染は、ウイルスが体内にとどまってしまいます。
急性肝炎の場合、体内からウイルスがなくなり、免疫ができるために完治します。
そして、体内に留まったウイルスは6ヶ月以上立つことで、慢性肝炎になってまします。
慢性肝炎は、タイプAでかかりやすく、最近感染の兆しがあります。

現在すでに慢性肝炎になっている方は、幼い時に感染したケースが多いです。
ところが、その症状が、疲れやすいとか食欲が無い程度のもので発見が遅れることがあります。
それが困ったことで、つい見落としてしまう事で、発見された時には手遅れの場合も少なくありません。

もともと肝臓の機能はよほど悪くならない限り、自覚症状がないとされています。
そこで、定期的な肝臓の検査をすることをお勧めします。
ひょっとしたら、自分はB型肝炎ウイルスを持ち続けていたということもあります。
そのことをキャリアと言います。



▽関連情報
幼い時に感染したB型肝炎の給付金請求を相談できる法律事務所のサイトです ・・・ B型肝炎 給付金